学生の現実

ダメな学生代表の俺がリアルな生活事情、漫画のおすすめ、数少ない誰でも知ってるような知識を自慢げに語ります。

筋トレ タンパク質

 筋トレをはじめようと決意して何とか三日坊主にならずに済んでいます。

 内容としては腕立て伏せと肩のトレーニング?と腹筋といった簡単にできるものしかやってないんですが、何とかこの細い体を改善するために頑張っています。

 しかしやっぱり知識もない身としては本当にこれで効果があるのか不安になってくるのは必然。ネットで調べてみたところタンパク質をしっかりと取ることが大事らしい。

 今食べているプロテインバーにはタンパク質が多く含まれているようなので、これはこのまま食べ続けていきたいと思います。

 他に食べやすくタンパク質が多いものを調べたところ納豆とチーズが自分でも簡単に取れそうな気がしました。

 ということでさっそく今日の学校帰りにスーパーに寄って納豆とチーズを買ってきました。夕飯に買った牛丼と一緒に納豆とチーズを食べて満足満足。どことなく体に力が入ったような気がします。(気持ちが大事)

 最近寒くなって来て温かいものが食べたくなってきましたが、その気持ちを抑えて少しでもタンパク質の多いものを優先して食べていきたいです。

 明日は今までに食べようか迷って結局スルーしていたサラダチキンに挑戦してみたいと思います。

細マッチョになってやる

ドメスティックな彼女16巻

 本日発売されたドメスティックな彼女16巻を読みました。 

 この前出たばかりなのにもう新刊が!とても好きな漫画なだけに学校が終わってルンルン気分で蔦屋に買いに行きました。

 表紙はヒナ姉、その大人の色気がたまらない。

 

ドメスティックな彼女(16) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 ※以下ネタバレを含みます

 

 前回はやっとナツオの周りが落ち着き始めたと思ってきたところで大学編に入り、隣人との揉め事で話が進んで行きました。

 そしてヒナ姉が実家に帰ってきたことで物語はまたドロドロとした方向へ。

 酔ったヒナ姉の本音を聞いたナツオとルイ、お互い複雑な気持ちの中すれ違いになりました。 

 朝になると、ヒナ姉がナツオに弱音を吐いてしまいます。それを聞いたナツオも自分の責任だと複雑な心境に。

 場面は変わり女子大生バージョンのモモ登場。ほんのり大人っぽくなっているのが可愛い。モモとの話でルイの気持ちを知るナツオ。本当にモモはいい子だなあって思います。

 健気にルイに歩み寄るナツオ、そのナツオの気持ちがヒナ姉に向かっていることを恐れて避けるルイ、不器用な二人だからこそこうなっちゃうんですかね。

 そしてその後の展開もまた期待を裏切らない面白い物となっていました。正直漫画で涙が出そうになったのは久しぶり、それと反対につい笑ってしまう場面も多かったから今日の感情はこの漫画だけでいっぱいいっぱい。

 次回も楽しみです。

 

 

 しかしどうしてこうなってしまったんだ、そうだ!俺(彼女いない歴=年齢)が一人貰えばいいんだ!
二人とも優しいし、気遣いもできる。どっちも素晴らしいから俺選べない!
まあ選ぶ資格も度胸もないんですけどね。いざとなったらあんな可愛い女の子と話しなんてできませんよ。

 あっなんか俺が彼女できない理由がわかった気が、、、

 これ以上はやめておこう

リアルアカウント17巻

 本日発売されたリアルアカウント17巻を読みました。

 まず言いたいことはサヤカちゃん可愛い!黒髪ショートが好きな自分としてはつい目がいってしまいます。

 リアルアカウントは読んでいて胸が痛くなるところもありますが若者なら共感できる部分が多い作品だと思います。

リアルアカウント(17) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 ※以下ネタバレを含みます

 

 前回の続きでアヤメちゃんとサヤカちゃんの2人の視点からスタートして、サヤカちゃんの過去が明らかになったのは非常に嬉しかったです。

 その後はまた新たなラブコメ展開が生まれるかと思いきやあっさり終了。女の子がこれまた可愛かっただけに残念。

 大切な人を失った悲しみや怒りよりも、自分が死んでいたかもしれない恐怖の方が強い。これはすごい人間味があるというか頭に残る描写でした。

 表面上は怒っていたり、泣いていたりしても心の奥底では全く違う気持ちを持っていること、よくありますよね。

 そして新しいキャラクター、これまた個性の強いのが現れました。宗教をテーマにしたようなキャラでなかなかストーリーを面白い方向に持っていってくれました。

 他にもマルキちゃんに新展開がありましたがすごく可愛い、以上。

 少し展開がごちゃごちゃしてきたように感じますが、サヤカちゃんの台詞と次回予告を見た感じもう少しでまとまってきそうな予感がします。

 非常に面白い作品なので皆さんもぜひ買って見てください。

SNS怖すぎ!

 

プロテインバー

 最近腕が細すぎるんじゃないかと気になり始めた。親指と小指の輪っかでも手首が簡単に掴めてしまうし、力こぶも対して出ない。

f:id:yuuzu200:20171115195803j:plain

 これだとヤンキーに絡まれた時に速攻でボコられてしまう、、、

 せっかく身長も178あるので今日から少しずつ鍛えることに。

 まずは腕立て伏せをはじめようかなと、いざやってみたら45回で限界が来た。腕立て伏せだけだとどうもパッとしないのでプロテインバーも食べることに。

 食べたプロテインバーは180円程のやつ。味は思っていたよりも美味しく軽いサクサク感があるため食べやすかった。しいてあげるならプロテインバーなだけあってけっこう口の中が乾くこと。

 食べた後はお腹にたまったような、たまってないような微妙なところ。

 でも食べやすかったのでこれからも食べ続けようかな。

筋トレ頑張ります

終わった

 今週は1週間が長かった。今日も土曜日なのに学校だったから休みは明日だけ。

 最近は就職の話が増えてきて、IT企業は残業が当たり前なんて聞かされたけど怖いなあ。今学校が16時に終わるのも遅いと感じるのに就職したら帰るのは何時になるんだろう。

 自分に才能があったらフリーの仕事を出来たんだろうけど絶対にやれる自信はない。まず税金の確定申告とかよくわかんないしね。

 しかも先週からずっと水道の水漏れが直らないから、今日やっと管理会社に電話する気になってしたら明日修理に来てもらえることになったよ。どうやら明日も爆睡をすることはできないみたいだ。遅くまで対処しなかった自分が悪いんだけど辛い。

 本当はためてた小説と漫画を読みたいけど眠いから早めに寝ちゃうだろうな。

1週間お疲れ様      俺

収益について

Amazonアソシエイトに参加しています。
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

学生が読んだおすすめ 恋愛漫画 10選

 

 本日から、学生である自分が今までに読んだ漫画をジャンル別に紹介していきたいと思います。ここで紹介した漫画は1つ1つより詳しく紹介させていただきたいと思いますので、そちらも記事ができ次第公開していきます。

 というわけでまずは恋愛漫画を10選紹介していきます。

 

かぐや様は告らせたい 赤坂アカ 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 天才と天才がタイトル通りお互いを告白させようと試行錯誤する漫画。今までにない内容なためとても新鮮味がある。

 恋愛漫画特有のなかなか展開が進まないパターンもこの漫画は毎回違った要素で面白おかしく見れる。

 お互いが素直になれないからこそ、たまにデレがあるとついニヤニヤしてしまう自分がいる。

 ほかにはない新しい恋愛物語ぜひ読んでほしい作品。

 

 

我妻さんは俺のヨメ 原作 蔵石ユウ 作画 西木田景志  

我妻さんは俺のヨメ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

1~3巻まで無料で読むことができます。

我妻さんは俺のヨメ(4) (週刊少年マガジンコミックス)

4巻はこちら

 

 この作品は恋愛漫画の中でもっとも笑えた漫画。主人公と友達の絡みがギャグマンガかよってレベルに笑える。

 女の子はヒロインはもちろん、そのほかのキャラも皆可愛く描かれているのも魅力の1つ。

 最後の方もちょっと不思議な展開になっているのでぜひ自分の目で読んで、見てほしい1冊。

 

ドメスティックな彼女 流石 景

ドメスティックな彼女(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 ドロドロした恋愛を描いた漫画。エッチなシーンが多くその点でも読んでて非常にドキドキさせられる。

 毎回1巻ごとの終わりで先が気になる展開になるので気づいたら一気に読んでしまう。

 恋愛要素は主人公だけでなくほかのキャラにもあるので、そちらの視点でも楽しむことができる。

 

 

四月は君の嘘 新川直司

四月は君の嘘(1) (月刊少年マガジンコミックス)

 

 映画化もされた有名な作品。初々しい恋愛模様は学生ならではの青春を存分に感じることができる。

 主人公やそのほかのキャラがピアノを弾いている様子はまるでスポーツ漫画を読んでいるかのような臨場感があり、絶対にピアノを弾きたくなるはず。

 最後には見事としか言いようのない展開で終わるのでぜひ読んでほしい1冊。

 

 

クズの本懐 横槍メンゴ

 

クズの本懐 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

 

 読んでいてすごくモヤモヤするけど、その独特な世界観に自然と引き込まれてしまう作品。

 普通の恋愛が見たい人にはおすすめできない漫画といってもいいかもしれない。キャラの考えに共感するのが難しく、そういう考え方もあるのかと読みながら納得してしまうところが多々ある。

 エッチなシーンが妙にリアルに生々しい表現で描かれている部分がある。

 

君が死ぬ夏に 大柴健

君が死ぬ夏に(1) (週刊少年マガジンコミックス)

1巻が無料で読むことができます。

君が死ぬ夏に(2) (週刊少年マガジンコミックス)

2巻はこちら

 

 しょっぱなからヒロインが死んでしまうという斬新な内容に、ミステリーと恋愛要素の混ざった作品。

 全く先の読めない展開から一気に急展開になったりして飽きることなく読める。

 よくある鈍感系主人公にするどい推理力がプラスされてそのギャップもまた面白い。

 

 

僕らはみんな河合荘 宮原るり

僕らはみんな河合荘(1) (ヤングキングコミックス)

 

 純粋でひたむきに年上でもあるヒロインのことを、思い続ける主人公につい感情移入して応援したくなるような作品。

 画力もトップレベルで素晴らしく、女の子の仕草や表情にドキッとしてしまう。

 ギャグ要素がところどころにあり、思わず笑ってしまうようなシーンもある。

 

 

政宗くんのリベンジ 原作 竹岡葉月 漫画 Tiv

政宗くんのリベンジ 1 (IDコミックス REXコミックス)

 

 ラノベの恋愛物を漫画にしたような作品。イケメンでモテモテな主人公は個人的な事情であまり好きではないがこの主人公はどこか嫌いになれない良さがある。

 1つ1つの展開が早くテンポよく読み進めていける。

 ツンデレが好きな人にはたまらない漫画。

 

 

からかい上手の高木さん 山本崇一郎

 

からかい上手の高木さん(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 

 題名の通り主人公がひたすらヒロインにからかわれ続ける漫画。ただただその気持ちをからかうということで表し続けるヒロインが可愛い。

 絵もシンプルでわかりやすいので読みやすい。

 2人の絡みとほのぼのした感じがどこか懐かしさを感じさせます。

 

こいとうたたね 鳥生ちのり

 

こいとうたたね(1) (電撃コミックスNEXT)

 恋愛要素の少なさからこのジャンルに入れていいか迷った作品。日常的な物語が多くいが主人公のたまにでるヒロインに対する気持ちがすごくいい。

 なによりもキャラの絵とストーリーがあっており、きれいに仕上がっている。

 

 

まとめ

 

 以上が恋愛ジャンルのおすすめ漫画10選でした。

 有名なものがやっぱり多くなってしまったのが少しう~んとなってしまったところ。

でも面白いものは有名になるんだからしょうがないのかな。

 もしこの記事を見て少しでも読んでみたいと思っていただけたならうれしいです。